ライザップへの勘違い。企業理念を知って180°変わったイメージ。

ブランディング出版の書籍企画

企業理念 浸透 取り組み

2017年、弊社スタックアップは「人は変われる。ーライザップで証明された自分を変える極意」(RIZAP編著/自由国民社)の書籍プロデュースに携わらせていただきました。

 

企画当時、有名タレントを起用した印象的なテレビCMで、「ライザップ=ダイエット」のイメージは既に広く認知されていました。業界に革命を起こした独自サービスの根底にある、ライザップの企業理念に迫ったのが本書です。

 

今回は当時の制作秘話を、弊社代表の後尾に聞きました。

ブランディング出版の書籍企画

 

■ライザップ社長が最も伝えたかった「企業理念」

 

インタビュアー(以下、イ):ライザップといえばやはりダイエットですが、なぜ企業理念の本を出版したのでしょうか?

 

後尾:当初、ライザップのプロモーションの一環として、書籍の出版企画が先方で持ち上がりました。複数の出版社が名乗りを上げたのですが、やはりダイエット本の企画が多かったのです。例えば自宅でできるライザップ式の筋トレ本や、料理本などですね。その中で、企業理念に関する本だけは名乗りを上げる出版社がありませんでした。

 

イ:そこに、スタックアップが手を挙げたわけですね。

 

後尾:一般の読者が知りたいのは「どうやったら痩せられるのか」という方法だったんですね。一方、ライザップが最も打ち出したいと思っていたのは、企業理念だったんです。ライザップの瀬戸社長は「3日坊主でダイエットが続かない人に寄り添い、自信を持っていただく」というサービスの根底にある理念を、最も伝えたいと仰っていました。そこで弊社が名乗りを上げ、自由国民社からの出版に至りました。

 

イ:本書はどのように作られていったのでしょうか?

 

後尾:ライザップではトレーナーに対してクレド(企業理念に基づく行動規範を示した文言)を掲げ、指導を徹底しています。その指導内容が本書の元になっています。当時、既にライザップは上場していましたし、有名タレントを起用したテレビCMも沢山流れていました。組織が更に拡大していくタイミングで、一般の読者というよりも、内部の社員に向けて改めて企業理念を伝えたいという思いがあったのだと思います。

 

■企業理念が生んだ新しいビジネススタイル

 

イ:そもそも、ライザップのサービスはどのように生まれたのでしょうか?

 

後尾:瀬戸社長は、とにかく「従来のジムの概念を壊そう」と考えていたそうです。ダイエットのためのジムに数十万円かかるというのは革新的でしたが、それだけの価値を生み出すジムを作ろうという思いがありました。

 

そのために徹底的なリサーチを行なったそうです。高級ホテルでは、お客様に寛いでいただくためにどんな香りを使っているのか。高級レストランでは、どのような接客対応をしているのか。役員会議のたびに提案を繰り返し、精査の結果生まれたのが、現在のライザップのジムのスタイルだといいます。

 

イ:取材時に印象的だったことはありますか?

 

後尾:ジムを取材した際の印象が強く残っています。実際に行ってみるとわかるのですが、ライザップの接客応対には、他のスポーツジムにはない高級感があるんです。

 

ライザップのトレーナーの目的は、お客様に寄り添ってその人を変えることなんですね。だから絶対に、お客様を信じて対応するそうです。

 

ライザップでは食事を写真に撮ってトレーナーへ報告するのですが、中にはどうしても、嘘をついてしまう方がいるんです。「ラーメンなんか食べてないですよ!」と(笑)。でも体重が減らないのを見れば、報告以外に何か食べていることはわかりますよね。

 

でもそこでトレーナーは、「すみません。私の作ったメニューに問題があったので、もう一度組み直します」と、ライザップ側の責任として対応するんです。するとお客様は反省して心を入れ替え、翌週からは変わってくださると。

 

根底にある企業理念がトレーナーの一人ひとりに浸透していったからこそ、現在のライザップがあるのだと思います。

ブランディング出版の書籍企画

■取材でわかったライザップへの大きな勘違い

 

後尾:実は、取材をして驚いたことがあります。ライザップは高級なだけのジムで、行かなくなったら結局リバウンドするんだろうと思っていました。一般的にそう思っている人が多いですよね。でもそれは大きな勘違いで、実際はリバウンドしているお客様はほとんどいないそうです。

 

イ:リバウンドしないのはなぜなのでしょうか?

 

後尾:一般的にダイエットが成功しない人は、ただ食事制限をするだけで、筋肉量を減らしてしまいます。エネルギーを消費するには筋肉量が必要です。筋肉量を減らしてしまうと、食事制限を戻せばあっという間にリバウンドしてしまうんです。

 

ライザップではリバウンドせずに痩せるための方法を完全に指導してもらえます。適度な運動と、たんぱく質の高い食事方法などです。痩せるための方法が理解できていれば、ライザップをやめても、いつでも痩せられるということです。ライザップで教わった食事と生活習慣を続ければいいのです。

 

もちろん、痩せる方法を知っていても守ることができなければリバウンドしてしまいますが、そういう人はごく一部で、リバウンドしない人がほとんどなのだそうです。

 

■ホスピタリティによる圧倒的な差別化

 

イ:そのような徹底的な指導が実現できるのはなぜなのでしょうか?

 

後尾:ライザップのトレーナーは、お客様に対するホスピタリティを学んでいます。彼らが最も大切にしているのは「お客様にいかに寄り添うか」ということです。

 

普通のジムには身体のプロフェッショナルやトレーニングに関する資格保有者は多くても、お客様にどうすれば寄り添えるかというホスピタリティを知っているトレーナーは少ないですよね。

 

ライザップのお客様は、食事を報告する度にトレーナーの顔が浮かぶそうです。自分を信頼し寄り添ってくれているトレーナーのために頑張ろう、と思うようですね。

 

■「人は変われる」企業理念を軸にライザップが生み出したもの

 

後尾:今では「ライザップ=ダイエット」という、誰もが認識している文化となりました。大きく宣伝する必要がなくなったので、以前に比べるとジムのCMは少なくなり、ゴルフや英会話など他事業のCMの方をよく見かけますよね。

 

取材時、瀬戸社長は「“3日坊主ビジネス”を伸ばしていく」と仰っていました。「3日坊主で続かない人に寄り添い、自信を持っていただく」、この企業理念には汎用性があります。ダイエットやジム以外でも、多くの人が「続かない」ことにビジネスチャンスがあるわけです。この企業理念を基に事業展開することで、ライザップは今後ますます伸びていくと思います。

 

イ:ありがとうございました!

ブランディング出版の書籍企画

 

本書の出版のきっかけは、「全店舗に企業理念を浸透させたい」という瀬戸社長の思いでした。

 

書籍という媒体は、お客様や従業員へ経営者の企業理念を伝える最も有効な手段です。書籍出版の実績は、企業としての信頼にもつながります。

 

企業理念を書籍化したことによって読者からの問い合わせが殺到し、企業コンサルティングが新たな主力サービスとなった事例もあります。

 

スタックアップには、貴社の企業理念を一冊の本にするためのノウハウがあります。ご相談は無料ですので、是非お気軽にご連絡ください。