HIRATA SHIZUKO平田 静子

出版プロデューサー

HIRATA SHIZUKO

1969年
株式会社フジテレビジョン入社。
1984年
株式会社扶桑社へ出向。宣伝部にてPR活動。
その後書籍編集部 編集長
テレビ本・ラジオ本など、フジサンケイグループとの連動本を企画し、「アメリカインディアンの教え」「ビストロスマップ」などベストセラーを生み出す。
また福田和子(松山ホステス殺害事件)自身による手記「涙の谷」を出版し話題となる。
1994年
雑誌CAZ編集長
1998年
書籍編集部部長。同社執行役員、取締役、常務取締役などを歴任。
2000年
「チーズはどこに消えた?」を出版プロデュース。
販売累計400万部の大ヒット作となる。
「日経ウーマン」主催による、ウーマン・オブ・ザ・イヤーの部門賞受賞。
2007年
10月27日公開映画「像の背中」(秋元康原作・松竹配給)のエグゼクティブプロデューサーを勤める、など各方面で活躍。
2010年
3月末株式会社扶桑社を退職。
同年 4月にプロデュース会社・ヒラタワークス(株)を設立。
2015年
『そういえば目の前のことだけやってきた』
マガジンハウス発行 平成27年7月出版 初の自著

BACK TO LIST

ページのTOPへ戻る