GONOO KAZUO後尾 和男

代表取締役

GONOO KAZUO

高校時代甲子園優勝、東洋大学文学部卒業
東洋大学在学中、朝日新聞編集部契約社員、中央出版株式会社、現在創業
以来65年目新灯印刷株式会社代表取締役、お取引出版社50社以上

2014年
運送会社ストレート設立
2015年
製本会社SS製本 設立

母体となる新灯印刷は創業70周年を迎え、100年経っても社会に必要とされる企業を目指し、出版企画プロデュースを手掛けるスタックアップを設立。
印刷のみならず本の企画〜販売戦略、さらには全国流通まで、「出版」においてあらゆる側面から総合的にサポートできる企業体を確立した。

「本づくりは文化の継承である」という理念のもと、筆者が真に語るべきことを見出し、子供から大人まで人生の次の一歩を後押しできるような出版企画・プランニングを常に追い求めている。

実用書・ビジネス書をはじめこれまで数多くの出版プロデュースを手掛け、常に相談が舞い込む背景には、後尾の「Give&Give」の精神と温かく人間味ある人付き合いが深く影響している。

後尾の本づくりに対する思いや、独自の視点はこちらのインタビューからご覧ください。
「出版プロデューサーに聞く!長く読み継がれる本の条件」
http://stack-up.co.jp/bookblog/?p=29
「出版プロデューサーに聞く!売れる本の作り方:企画編」
http://stack-up.co.jp/bookblog/?p=42

BACK TO LIST

ページのTOPへ戻る